日本におけるブータン研究の基盤形成を目指して
Japan Institute for Bhutan Studies: JIBS

研究活動報告(平山雄大、2017年1~12月)

論文

  • なし。

書籍等出版物

  • なし。

報告書

  • 平山雄大(監修)『2016年度早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)提供グローバルエデュケーションセンター(GEC)設置科目「南アジアから学ぶ途上国の農村開発」ブータン実習報告書』早稲田大学平山郁夫祈念ボランティアセンター、2017年3月。
  • 平山雄大(監修)『2016年度早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)主催「第1回ブータンスタディツアー」報告書』早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター、2017年6月。

解説・記事

  • 三井広報委員会『三井グループ・コミュニケーション誌 MITSUI Field』第33号、4-9頁に情報提供(特集タイトル「シリーズ特集 Be Happy!episode1 しあわせの色いろいろ。豊かな彩りに包まれた社会へ―。」三井広報委員会、2017年1月。
  • 平山雄大「2016年度ブータン勉強会報告―第51回~第67回―」日本ブータン友好協会『日本ブータン友好協会会報 ブータン』第134号、5-6頁、2017年3月。
  • 平山雄大「日本ブータン学会設立」日本ブータン友好協会『日本ブータン友好協会会報 ブータン』第135号、3頁、2017年6月。
  • 平山雄大「世界の子どもの一日12 ブータン」一般財団法人教育文化総合研究所『季刊フォーラム 教育と文化』第88号、68-75頁、2017年7月。
  • 平山雄大「ブータンがブータンであるために―島根県隠岐郡海士町との相互交流―」WASEDA ONLINEオピニオン、早稲田大学、2017年10月。
    http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/opinion/international_171023.html
  • HIRAYAMA, Takehiro “For Bhutan to Remain as Bhutan: Mutual Cultural Exchange with the Ama, Shimane Prefecture” WASEDA ONLINEオピニオン(英語版)、早稲田大学、2017年11月。
    http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/dy/opinion/international_171106.html
  • 平山雄大「ドゥンサム地方―ペマガツェル→モンガル古街道紀行―」ヤクランド『ヤクランド通信』第80号、8-11頁、2017年12月。

世界の大学

  • 「世界の大学367 ダナン大学(ベトナム)」ジアース教育新社『文部科学 教育通信』第409号、3頁、2017年4月。
  • 「世界の大学378 ウズベキスタン国立大学(ウズベキスタン)」ジアース教育新社『文部科学 教育通信』第420号、3頁、2017年9月。

ブータンコラム

国内学会発表

  • 平山雄大「20世紀前半のブータン人と近代教育―シッキム政務官報告書の分析を中心に―」日本ブータン学会第1回大会(早稲田大学)、2017年5月21日。
  • 平山雄大「近代学校教育黎明期のブータンにおける教育事情の解明」関東教育学会第65回大会(早稲田大学)、2017年11月18日

海外学会発表

  • なし。

その他の発表

  • 平山雄大、宮内淑子「ブータンと伊豆大島の課題をひもづけて考える」第65回ブータン勉強会(港鮨)、2017年2月13日。
  • 平山雄大「ブータンにおける文化保護・振興政策の現状と課題」第72回ブータン勉強会(島根県立隠岐島前高等学校)、2017年6月17日。
  • 平山雄大「写真と映像で振り返る、ウィリアムソンのブータン訪問及び第2代国王のインド・シッキム訪問」第73回ブータン勉強会(キャンパスプラザ京都)、2017年7月15日。
  • 平山雄大「2017年度「ブータンから学ぶ国家開発と異文化理解」実習報告」第76回ブータン勉強会(札幌市生涯学習総合センター「ちえりあ」)、2017年9月23日。

講演等

  • 世界銀行東京事務所主催世界銀行セミナー「ブータンにおける世界銀行の取り組み―現況と今後の展望―」に、コメンテーターとして登壇(世界銀行東京事務所)、2017年1月10日。
  • 東京都立大島海洋国際高等学校にて、特別講義のゲスト講師として講義(講義タイトル「自身のキャリアと国際感覚・ブータン研究」)(東京都立大島海洋国際高等学校)、2017年2月13日。
  • 東京都教育庁による「オリンピック・パラリンピック教育支援推進事業」の一環で、ブータンの文化や自然に関して講義(講義タイトル「世界を知ろう ブータン王国」)(江戸川区立二之江第三小学校)、2017年2月15日。
  • 平成28年度第12回JICA国際協力人材赴任前研修(専門家等)にて、ブータンの概要に関して講義(講義タイトル「ブータン 赴任国概要」)(JICA市ヶ谷ビル)、2017年3月16日。
  • 島根県立隠岐島前高等学校スーパーグローバルハイスクール(SGH)事業「グローバル探究」事前学習にて、ブータンの文化保護・振興政策に関して講義(講義タイトル「ブータンにおける文化保護・振興政策の現状と課題」)(島根県立隠岐島前高等学校)、2017年6月17日。
  • 荒川区2017年度区民カレッジ特別講演会にて、ブータンの文化や自然に関して講演(講演タイトル「ブータンを知ろう」)(荒川区立生涯学習センター)、2017年12月3日。
  • ヤクランド(ブータンゆっくり勉強会)ブータン・ティータイムにて、ドゥンサム地方の現状や古街道に関して講演(講演タイトル「ドゥンサム地方―ペマガツェル→モンガル古街道紀行―」)(滝野川会館)、2017年12月24日。

研究・活動助成

  • 早稲田大学 2017年度国際共同研究推進のための派遣・招聘費補助制度、研究課題:「ブータンを舞台にした海外実習プログラムの有効性に関する研究」、招聘元:日本ブータン研究所ブータン事務所、研究代表者:平山雄大。
  • 早稲田大学教育総合研究所 2017年度公募研究(一般研究部会)、研究課題:「ブータンを舞台にした体験的学習プログラムの教育的意義に関する研究」、研究期間:2017年4月~2018年3月、部会代表者:平山雄大。
  • 早稲田大学 2017年度海外への学生引率プログラム助成、プログラム名称:「ブータンから学ぶ国家開発と異文化理解」、実施場所:ブータン、代表者:平山雄大。
  • 早稲田大学 2017年度海外への学生引率プログラム助成、プログラム名称:「海士ブータンプロジェクト」、実施場所:ブータン、代表者:平山雄大。
  • 平成29年度科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)、研究課題:「ブータンにおける「GNH教育」の実態解明及びその応用モデルの開発」、研究期間:2017年6月~2020年3月、研究代表者:平山雄大。
  • 日本財団学生ボランティアセンター 第4回Gakuvo Style Fund(BコースYuru・vo)、プログラム名称:「海士ブータンプロジェクト」、活動期間:2017年8月1日~2018年3月31日。

担当科目

  • 「体験の言語化―世界と自分― 07」(早稲田大学、2017年度春クォーター8回)。
  • 「ボランティア論 1」(早稲田大学、2017年度春クォーター8回)。
  • 「ボランティア論 2」(早稲田大学、2017年度夏クォーター8回)。
  • 「ブータン地域研究―社会を見る目を養う―」(早稲田大学、2017年度春学期15回)。
  • 「ブータンから学ぶ国家開発と異文化理解 1」(早稲田大学、2017年度春クォーター8回)。
  • 「ブータンから学ぶ国家開発と異文化理解 2」(早稲田大学、2017年度夏季集中+秋クォーター8回)。
  • 「海士の挑戦事例から学ぶ地域創生 1」(早稲田大学、2017年度春クォーター8回)。
  • 「海士の挑戦事例から学ぶ地域創生 2」(早稲田大学、2017年度夏季集中+秋クォーター8回)。
  • 「教育支援を通した社会貢献 α―海外における取り組みを通して―」(早稲田大学、2017年度秋クォーター8回)。
  • 「教育支援を通した社会貢献 β―国内における取り組みを通して―」(早稲田大学、2017年度冬クォーター8回)。

研究調査・海外/国内実習引率

  • ブータン出張(2017年3月4日~3月13日):WAVOC主催第1回ブータンスタディツアー「ブータン教育交流プロジェクト」引率。
  • ブータン出出張(2017年7月31日~8月7日):隠岐島前高等学校「グローバル探究」海外実習(ブータン)引率。
  • ブータン出張(2017年8月18日~8月31日):早稲田大学「ブータンから学ぶ国家開発と異文化理解」海外実習(ブータン)引率。
  • 海士出張(2017年9月7日~9月20日):早稲田大学「海士の挑戦事例から学ぶ地域創生」国内実習(海士)引率。
  • ブータン出張(2017年10月27日~11月14日):『地球の歩き方 ブータン』取材、GNH国際会議出席。

※研究活動報告(平山雄大、2016年1~12月)
※研究活動報告(平山雄大、2015年1~12月)
※研究活動報告(平山雄大、2014年1~12月)
※研究活動報告(平山雄大、2013年1~12月)
※研究活動報告(平山雄大、2012年1~12月)
※研究活動報告(平山雄大、2011年1~12月)
※研究活動報告(平山雄大、2010年1~12月)
※研究活動報告(平山雄大、2009年1~12月)